入院生活、8日目〜退院日。〜超思い出し日記 その15 | ミチクサジンセイ。
<< おひとりさまカフェ。 | main | 新生ハポニスモ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
入院生活、8日目〜退院日。〜超思い出し日記 その15
朝6時、起床。




いよいよ退院だーーーーーっっっ




テレビカードを使い切るには…


帰るまで付けっぱなししかない…




洗面所で顔を洗ってたら
同じお部屋のおばあちゃんがやってきたので
またまた立ち話。


かつて、いろんな国々を旅行したハナシとかしてくれはって。


おばあちゃん、楽しそう


お孫さんが生まれるタイミングと重なって
お見舞いに来てもらえなくて
寂しい思いをしているおばあちゃん。

もうちょい早くおハナシできたらよかったなぁ…





さて、回診。



抜糸タイムだ…



ドキドキドキドキ…



今貼ってる端っこがモロモロになったヤツを剥がして…


向こうでは、助手の方が大きめの絆創膏をスタンバイ。

「あーーー、そんなん大きいやろ」

と、違うのを出して来たら…


どう見ても、あきらかにキズの大きさより小さい楕円形の絆創膏。



「あぁ、それでえぇわ。」


えぇーーーウソやろーーーーー?!



ホンマにその絆創膏を貼ってしまった。



やっぱり足りてない…



それに気付いた先生は、
今貼ってるものに継ぎ足すように小さい長方形の絆創膏を
上の足りてないところに貼った。


そして、助手を連れて立ち去った。




なんか…これ…


尿瓶っぽいカタチに見えてしゃーないねんけど…





めっっっちゃカッコ悪いがなーーーーーー



一応女子やねんけどーーーーー



ってか、下の足りてへんとこはえぇのんかーーーーー



どないやねんーーーーー




あぁぁ、どないやねん…







そんなこんなしてる間に、朝ゴハン。


しっかり完食して歯を磨いて、お洋服に着替えて。
そして荷造りもすっかり終わらせて。


もうおウチに帰るから、
パジャマじゃなくて、洋服。


途端に病室に居るのが落ち着かない…
入院当日もそうだったけど…



後は請求書を貰って、お金払って、おしまい。




早く帰りたいなー






テレビは相変わらず付けっ放し。
飛行機事故が起こって、その模様が映っている。
炎上とかしてて、大変そうだ。


でも、起こったばかりだからか、何回も同じ事言ってる。







ヒマだ…




早く領収書来ないかなー



でも、おかーちゃんがお金もってきてくれな
払われへんけどー


どれくらいかかるんやろう…







あっ。メール




鍼の先生からだっ




なになに…


「いよいよ退院ですね」


そうですよん


「早く日常の生活に戻れますように」


治療、よろしくです


…と、そんな後にちょいとビックリな内容が…


どっちみち、昼間に治療院にお伺いしようと思っていたので
急いで電話すると…


もう鍼灸院が始まってる時間というコトもあって
フツーに予約の電話だけで終わってしまった…


まぁ、後でゆっくり聞こうっと






…うーん、やっぱりヒマーーー



テレビカード、全部使い切れないなーーー



でも、もうちょっとなんだけどな



もっと早くあきらめておばあちゃんとかにあげたらよかったかも…


まぁ、貰ったもんをあげるのもどうかとも思うけど。





9時には事務や会計のところもお仕事がはじまるのに
結局請求書がやってきたのは、待ちに待って10時前…


おかーちゃんには、その時間に合わせて来てもらった。



請求書が来て、おかーちゃんが来て。
いよいよこの病室ともおさらばだ。



初日に担当してくださったROCKな看護師さん、
ちょうど同じお部屋のおばあちゃんの処置をしていたので
終わるまで待って、ごあいさつ。


「もっといろいろと音楽にハナシできると思ってたのにー」

「いやーーー、3連休、ホンマに3連休みでライヴ行ってたんですよー」


そ…そうやったんやーーー


看護師さんってホンマ大変な職業やと思うけど
彼女はしっかりと発散するモノを持ってるから大丈夫だろな。




さて、他の看護師さんにもご挨拶したいが…


ナースステーションは、見事にカラッポ


みんな、それぞれ処置等で病室に行っちゃってる状態で…


病室全部巡ってご挨拶するのもどうかと思って、
そのまま帰ってしまうコトにした。


ちょっとさみしいけど…




みなさん、大変お世話になりまして
ありがとうございました





ココロの中でそうつぶやいて病棟から立ち去り…


1Fに降りて、会計にて支払を済ませて。




ちなみに、保険会社へ提出する用の診断書2通のお金も含んで
入院・手術にかかった費用は9万3000円でした。

これは、健康保険限度額適用認定証というものを提出しているので
(先に健康保険組合に申請して発行してもらいます)
あらかじめ高額医療費を差し引きされた金額です。
これが無かったら16〜7万払う事に。
(あとで返ってくるけど、ね。)

後で申請するよりもおサイフがとってもラクですねっっっ






さて、帰ろうか





せっかくおかーちゃんが来てくれたけど
チャリンコ漕ぐスピードが違い過ぎるので先に帰る事にした



一応、猛ダッシュで5分で帰れる距離やけど…


オナカのキズのコトもあるし、ゆっくりめで。





それにしても…




寒いわーーーーーーー




病室はなんたって27℃だもんな…




天気予報、寒いって言ってたもんな…
何度やったっけ…




10℃くらいかなぁ…








おウチ帰ったら何しよう…



まずは、おともだちにいただいたお茶でも飲んで、
それから退院報告のメールでもしようっと




…と、そんなのんきな感じで家路に着いたのでした






おわり。
| 胆嚢摘出の記録。〜胆嚢腺筋症〜 | 16:25 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:25 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH