開腹手術から、5年。 | ミチクサジンセイ。
<< やっぱりお世話になるのかも、しれない。 | main | どうしても、つくりすぎる。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
開腹手術から、5年。
「癌やと思うねんけどねー」と言われて
痛くもかゆくもないオナカを開く手術を受けて、
あれからちょうど5年経ちました。



…そうなのか。


5年。…5年?


5年も経つと、何年経ったのか分からなくなってたり。
まぁ、凄まじい日々を過ごしてるしね。


恐ろしく環境が変わって1年ちょい。
去年の記事を確認してみて、今のキズを見てみたら…


変わんないね。


きっとこれ以上キレイにならないのだろう。
まぁいいけどさ。


ちなみに、去年の記事を見てみたい方はこちらから。
( http://phasetimes.jugem.jp/?eid=2087 )


ついでに一年後のヤツも見てみたら、
術後のグッサグサのキズ…(・∀・;)



今の治りで充分、充分。
それにしても、人間の回復力ってスゴいね〜。


そして最後に…


『フツーに生きている事が、しあわせです。』


そう綴ってあった。


…今は生死の崖っぷちで生きとるよ。
…いや、自力で生きてない。
生かされている、おかーちゃんのおかげで。




この一年、ひたすら積み重ねてきた。
やってることを理解してくれる人と、そうでない人。
いろいろ居て当然だけど。


そうでない人は去っていく。


…と、いうコトは。


残ってくれてる人って
ステキでありがたーい人ばっかりってコトとちゃうん?


そうだとしたら、
去年よりも今年の方が断然しあわせだよね。


感動して号泣するほどのお手紙貰ったりするくらいだもん、
そりゃ、今の方がしあわせだよね〜(♡´ω`♡)
まさか一生の宝物になるようなお手紙をこんな早くもらえるとは。
まだまだこれからなのに。
ありがたや〜、ありがたや〜。


もし、お店が潰れてしまったとしても、
お店をはじめたことは正解だったと思う。


でも、潰れないようにがんばらないと。
もう本当に崖っぷちなので
そろそろバイトも視野に入れないと。
日々やってくる派遣のお仕事情報、ついつい見てしまう。


お客さんはもちろんのこと、
お客さんから友達になってくれた人や
開業前からの友達、
同業仲間のみんなや先輩方、
そして、ミュージシャン仲間、
そしてそして、家族。


ひとりでお店やってるけど、ひとりじゃない。


ほらね、やっぱり今が一番しわあせだ〜(♡´ω`♡)


これからもっとしあわせになって、
そして、みんなにいーっぱいしあわせを還元したい。


がんばらなくちゃ。


そう、がんばらなくちゃ。
| 胆嚢摘出の記録。〜胆嚢腺筋症〜 | 23:59 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH